ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
新日本法規出版株式会社
e-hoki
home
ニュース&ダイジェスト
総合
法令
判例
税務・会計
コラム
T&A master
LIMM Webmagazine

HOME > コラム > 時事法律コラム > 「止まない「バイトテロ」」

時事法律コラム
町田

2016/07/21

【企業法務】 止まない「バイトテロ」

町田悠生子

「バイトテロ」という言葉を耳にするようになったのは、今から3年前(2013年(平成25年))頃であったと記憶している。コンビニエンスストアやファーストフード店等の、主としてアルバイト従業員が、アイスケースの中に寝そべったり、ピザの生地を顔に貼り付けたり、冷蔵庫の中に入ったりするなどの悪ふざけをしている様子を撮影した写真をFacebookやTwitterに投稿し、それが炎上する騒ぎが立て続けに起きた。そのようなモラルを欠く若者の行動に、当時、大人たちは、驚き、動揺し、理解に苦しみ、そして、少なからず日本の将来を憂いていたように思う。

それから3年。

「バイトテロ」や、それに類する事件の報道は、今も引き続き、しばしば耳にする。そして、人々は、もはや驚かず、「またか」くらいにしか受けとめなくなった。

しかし、「またか」と思ってしまうほど「バイトテロ」が珍しさを失ったということは、「バイトテロ」が企業にとって「通常の」リスクとなったということを意味する。3年前であれば、「バイトテロ」が起こっても、世間の中には、「たまたまそのような従業員がいただけ。会社は悪くない」であるとか、「会社は被害者だ」などと、「加害」従業員と企業とを切り離して捉える向きもあったかもしれない。しかし、SNSが急激に普及し、「バイトテロ」が止まない今、「バイトテロ」を含め従業員による不適切投稿がひとたび世に広まると、世間は、「企業は従業員教育をきちんと行っていたのか」、「防止策は採っていたのか」等、事前対策の充実度と炎上後の適切な事後対応に厳しい目を向けるようになる。そして、それらが不十分と評価されれば、企業は、不適切投稿によって毀損された信用を、自らさらに毀損してしまうことになりかねない(会社に重大な損害が生じれば、最終的には、取締役ら役員の責任(善管注意義務)につながりうる問題でもある。)。

リスク回避のためには、適切な従業員管理が必要となるが、「バイトテロ」対策の難しさの一つは、それが「バイト」等のいわゆる非正規従業員によってなされることが多い、という点にある。非正規従業員、とりわけアルバイトの労務管理は、本社による管理が及びにくく、各店舗に任せきりになるなど、どうしても手薄になりがちである。また、アルバイトの人数が多かったり、全国に散らばっていたり、一人一人の勤務時間が短かったりすると、事前対応としての従業員教育を十分に行き渡らせることも、そう簡単ではない。また、先日、都内の有名ホテルで働くスタッフが、自身のTwitterに女性アイドルが来館した旨の投稿をし、ホテルが謝罪を余儀なくされた事件があったが、そのスタッフは、ホテルの従業員ではなく、ホテルの業務委託先の従業員であった。このように、労務管理が手薄になりがちなところや、さらには、直接の労務管理を及ぼし得ないようなところに、SNSリスクの温床がある。

そして、不適切な投稿が通常、私生活上の行為としてなされるという点にも、労務管理上の難しさがある。「バイトテロ」ではないが、つい先日、裁判官が自宅等での自身の半裸画像をTwitterに投稿し、それが不適切なものとして非難されるべきか、それとも、職業とは離れた私生活の場での自己表現として受けとめられるべきかが議論となった。3年前に頻発した「バイトテロ」の典型形態では、投稿画像が「バイト中」に撮影されたため、就業時間中における職務専念義務・服務規律違反行為の存在は明確であったが、昨今の不適切投稿は、就業時間外の、私生活の場でなされることの方が増え、そうなると、従業員の私生活上の行為を、企業がどこまで、どのように規律できるのか、といった問題も生じることになるのである。

SNSは、今後、ますます有用性を増し、スマートフォンの普及・機能の高度化と相俟って、利用者は一層増えていくであろう。企業にとっては、リスクが増えるばかりではあるが、SNSをめぐっていかなるリスクがあるのかを適切に分析・把握し、それを踏まえた上で、従業員に対して折りに触れて適切な使用を求め、繰り返し指導していくといった日頃の地道な積み重ねこそ、結局のところ、企業を守る最も有用な策であるように思う。


(2016年7月執筆)

執筆者プロフィール

町田悠生子 (マチダユキコ)

五三・町田法律事務所 弁護士
平成21年12月 弁護士登録(第二東京弁護士会)
経営法曹会議会員 第二東京弁護士会労働問題検討委員会委員 日本労働法学会会員

<主要著書等>
「労務専門弁護士が教えるSNS・ITをめぐる雇用管理」(共著 新日本法規 平成28年)
「企業法務のための労働組合法25講」(共著 商事法務 平成27年)
「就業規則の変更をめぐる判例考察」(編著 三協法規出版 平成26年)他多数

←前の記事

民事

評価単位について

小林登 2016/11/30

次の記事→

行政

新行政不服審査法の施行について

越智敏裕 2016/06/29

 コラム一覧

関連書籍

労務専門弁護士が教えるSNS・ITをめぐる雇用管理

労務専門弁護士が教えるSNS・ITをめぐる雇用管理

編著/小山博章(弁護士) 著/中山達夫(弁護士)、石井拓士(弁護士)、町田悠生子(弁護士) 

■価格(税込):4,428円

SNS・ITをめぐる新しい労務問題に適切に対応するために! 

このページの先頭へ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
新日本法規出版 Webショップ
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twtterページです。
セミナーのご案内
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社
Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

会員規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示