ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
新日本法規出版株式会社
e-hoki
home
ニュース&ダイジェスト
総合
法令
判例
税務・会計
コラム
T&A master
LIMM Webmagazine

HOME > コラム > 時事法律コラム > 「民法(債権法)改正−理論か実務か」

時事法律コラム
阿部

2017/10/18

【民事】 民法(債権法)改正−理論か実務か

阿部泰久

1.今回の民法(債権法)改正の目的は、制定以来の社会・経済の変化に対応したものとすること、および、国民一般に分かりやすいものとすることの二つであり、このうち後者には、“塾礇襦璽襪量席顕宗↓不明確な条文の明確化、書かれていない前提、原理、定義を補う、という3つの意味があるとされていました。逆に言えば、確定した判例や周知の解釈によって、民法典には書かれていない規律も十分に補われてきており、少なくとも実務の世界は大きな支障なく回ってきたとも言えます。


2.法務省では、民法(債権法)の抜本改正を行う方針を明らかにし、まず2006 年10月「民法(債権法)改正検討委員会」が設置されました。これは、学者を中心とする私的な研究会でしたが、委員長には法制審議会民法(債権関係)部会長となる鎌田薫早稲田大学教授、事務局長には法務省に移って改正作業を陣頭指揮した内田貴東京大学教授が就任し、そのほかのメンバーも多くが法制審民法部会の委員・幹事となりました。また、法務省民事局の担当官が運営に深く関与しており、法制審議会に向けた改正案のたたき台を作成する場であったことは明らかです。

2009年3月に公表された「債権法改正の基本方針(改正試案)」は、個々の基本方針を「提案」と称し、「提案」は条文のような体裁のものでした。また、債権編のみならず、総則編中の契約にかかわる部分等を対象に合める一方、法定債権(事務管理、不当利得、不法行為)は対象としておらず、消費者法や商法の規定のうち基本的なものは民法典に合めるべきであるとの考え方のもと、消費者や事業者が当事者となる場合の特則が設けられているなど、まったく新たに体系的な「契約法」を制定しようとの提案でした。「改正試案」は、最先端の学説の集大成であるばかりでなく、法改正を意識した提案としても、非常に分かりやすく優れたものでした。もし白地に絵を描くように新たに契約法を作るのであればベストな提案であったでしょう。しかし、いかに優れた提案であっても、120年に及ぶ実務の蓄積を放棄して、これに取り換えることはできません。


3.債権法改正を審議した法制審議会民法(債権関係)部会は、2009年11月24日に第1回会合を開催し、東日本大震災による中断をはさみながらも、2015年2月まで5年3か月にわたりましたが、これは、「改正試案」を暗黙の出発点としながらも、主に実務の側からの反駁を受け入れながら、項目を徐々に絞り込み、改正内容を現行実務とできるだけ接続可能なものに収めていくという過程でもありました。ちなみに改正項目は、「改正試案」では900に及んでいましたが、部会の「中間的な論点整理」では500強、中間試案では約260、最終的な要綱案では約200に絞り込まれていきました。


4.それでは、実務の側から学者の理論を圧倒していったのは誰だったのでしょうか。部会に参加していた実務者は、弁護士4名、経済界3名でした。このうち、弁護士会は必ずしも一枚岩ではなく、中間的論点整理、中間試案へのパブリック・コメントも、各単位会、有志、個人からのものが飛び交っていました。経済界のうち経団連は、債権譲渡の対抗要件や保証債務、定型約款等については、強固な主張を貫いていましたが、必ずしも改正項目全般にわたり意見を示してはいません。

実は、すべての改正項目について目を配りながら、実務からの乖離を防ぐよう尽力していたのは裁判所でした。部会には裁判官が4名参加し、中間的論点整理、中間試案に対しても最高裁として膨大なコメントを寄せていました。その判断基準は、従来の裁判実務の観点から合理性があるか否か、平たく言えば裁判ができるかどうか、ということでした。また、法務省民事局も、局長、参事官以下、スタッフの大部分が裁判所からの出向者であり、自分が裁判官に戻った時に、戸惑うことになることが分かっている改正はできません。

確定した判例や解釈の明文化や、条文の明確化を図る改正であればよくても、いくら理論的に正しいことであったとしても、既に固まった判例・解釈があり、実務でも何も問題がないところを改正するのは「壊れていないところをいじる」ものでしかありません。また、何が「暴利行為」なのかなど、法理論的に明確にならないものを、裁判官の個々の解釈でやっていけば、混乱を拡げることになりかねません。かくして、学者の理想論は押し戻され、実務的に「容認できる」範囲での民法(債権法)改正となった次第です。


(2017年9月執筆)

執筆者プロフィール

阿部泰久 (アベヤスヒサ)

1955年6月生まれ

1980年3月 東京大学法学部卒業

1980年4月 社団法人経済団体連合会(現一般社団法人日本経済団体連合会) 税制、経済法制、産業政策関係を中心に活動

2014年6月 常務理事

2016年6月〜参与

2016年6月〜新むつ小川原株式会社取締役会長

法制審議会臨時委員、金融審議会専門委員、法曹養成制度改革推進顧問会議委員、社会保障審議会専門委員、消費者委員会専門委員等を歴任

<主要著書・論文>

『持株会社の法律実務』伊従寛監修 新日本法規出版 1998年1月

『新しい合併・分割・現物出資の税務』共著 新日本法規出版 2001年5月

『新旧対照表付 Q&A 平成13年 改正商法―金庫株の解禁と単元株制度の創設―』共編 新日本法規出版 2001年11月

『Q&A 連結納税制度の実務解説』共著 新日本法規出版 2002年10月

『完全ガイド 新日米租税条約のすべて』単著 清文社 2005年1月

『新信託業法のすべて』共著 神田秀樹監修 金融財政事情研究会 2005年9月

『共通番号法のポイント』共著 新日本法規出版 2013年7月

『Q&A 消費税転嫁と価格表示』単著 新日本法規出版 2013年11月

『補訂版 図表&事例詳解 消費税経過措置』監修 新日本法規出版 2014年2月

『立法経緯から読む会社法改正』単著 新日本法規出版 2014年7月

『改正会社法と会計・税務の対応』共著 新日本法規出版 2015年8月

関連書籍

企業法制からみた 改正債権法の実務ポイント

企業法制からみた 改正債権法の実務ポイント

著/阿部泰久(経団連 参与)

■価格(税込):5,184円

120年ぶりの民法(債権法)改正に企業が対応するために!

このページの先頭へ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
新日本法規出版 Webショップ
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twtterページです。
セミナーのご案内
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社
Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

会員規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示