ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
新日本法規出版株式会社
e-hoki
home
ニュース&ダイジェスト
総合
法令
判例
税務・会計
コラム
T&A master
LIMM Webmagazine

HOME > コラム > 時事法律コラム > 「ただの同棲なのか保護すべき事実婚なのか」

時事法律コラム
平田

2018/06/15

【民事】 ただの同棲なのか保護すべき事実婚なのか

平田厚

現代における家族のあり方は、非常に多様化しています。人工生殖や同性婚の問題を含め、非常に多岐に亘る多様性が現れています。さまざまな多様性の問題を寛容の精神をもって受け止め、可能な限りで法的な保護を付与していくという思考方法が求められているということになるでしょう。

ただし、家族関係は、一方の考え方だけを保護するというわけにはいきません。家族を形成する自由は、他方の考え方をも保護するという方向で尊重しなければなりません。そうすると、一方が関係性の継続を求めていたとしても、他方がそれを全く望んでいないとすれば、一律に関係性の拘束を認めるわけにはいかないことになります。

特に近年の家族法の教科書では、フランス法における自由結合関係が記述され、それは当事者同士が相互拘束を求めていないのであるから、一方の請求によって国家が関係性の拘束を認めるのは矛盾であると説かれるようになっています。しかし、どのような関係であれば国家による関係性の保護が求められ、どのような関係であればそのような保護は求められないと言えるのか、必ずしも明確ではありません。

家族法においては、古くから意思を尊重するのか事実を尊重するのかという大きな枠組みでの考え方の対立があります。婚姻外関係についても、その大きな枠組みの中で捉えられると思います。ただし、多くの場合、意思的要素が重要であるが、どのような意思であったのかを明確にするためには事実的要素も無視はできないという関係にありますから、意思か事実かという二項対立的な図式では問題を解決できません。

そうだとすれば、多くの事例について、裁判所がどのような保護基準を設定してきたかを検討することによって、現段階での保護基準を明確にしていくべきでしょう。意思を尊重するという出発点に立つとしても、当事者がどのような意思をもって関係性を構築してきたのか、当事者双方の意思は一致していたのか、一致していないとすればどちらの意思がより保護に値すると考えられるのかについて、問題となる局面ごとに考えなければなりません。

当初の意思とその後の意思とが異なっている場合には、どの段階でのどのような意思が尊重されることになるのかが重要になると思います。また、意思は継続しているとしても、客観的状態の保護の必要性が変動することもありえます。特に重婚的内縁関係にある場合には、法律婚が破綻していない段階では、重婚的内縁関係よりも法律婚を保護すべきでしょう。しかし、法律婚が破綻している段階では、重婚的内縁関係を保護すべき段階にあると思います。

したがって、法律婚関係にない関係を適切に保護していくには、考えるべき要素はたくさんありそうです。もしそうだとすれば、個別事例を精査して、どのような場合にどのような理由で保護されるのかを検討してみる必要があると思います。


(2018年6月執筆)

執筆者プロフィール

平田厚 (ヒラタアツシ)

1985年 東京大学経済学部卒業
1990年 第二東京弁護士会登録(42期)
2004年 明治大学法科大学院専任教授就任(民法担当)
2012年 日比谷南法律事務所設立(パートナー)

<主要著書> 1994年4月『お墓の法律Q&A』(共著)(有斐閣)刊
1996年7月『死にぎわの法律Q&A』(共著)(有斐閣)刊
2000年4月『新しい福祉的支援と民事的支援』(筒井書房)刊
2001年11月『これからの権利擁護』(筒井書房)刊
2002年9月『知的障害者の自己決定権(増補版)』(エンパワメント研究所)刊
2005年7月『家族と扶養』(筒井書房)刊
2009年12月『成年年齢 18歳成人論の意味と課題』(ぎょうせい)刊
2010年8月『親権と子どもの福祉』(明石書店)刊
2011年5月『虐待と親子の文学史』(論創社)刊
2012年1月『権利擁護と福祉実践活動』(明石書店)刊
2013年10月『建築請負契約の法理』(成文堂)刊
2014年7月『借地借家法の立法研究』(成文堂)刊
2014年11月『プラクティカル家族法』(日本加除出版)刊
2015年4月『社会福祉と権利擁護』(共著)(有斐閣)刊
2015年5月『福祉現場のトラブル・事故の法律相談Q&A』(清文社)刊
2015年9月『新しい相続法制の行方』(きんざい)刊
2017年7月『審判例にみる 家事事件における事情変更』(新日本法規出版)刊

関連書籍

判決例・審判例にみる 婚姻外関係 保護基準の判断

判決例・審判例にみる 婚姻外関係 保護基準の判断

著/平田厚(明治大学法務研究科教授・弁護士) 

■価格(税込):4,644円

法律婚外の関係をめぐる法的保護の指針となる一冊! 

このページの先頭へ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
新日本法規出版 Webショップ
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twtterページです。
セミナーのご案内
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社
Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

会員規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示