ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
新日本法規出版株式会社
e-hoki
home
ニュース&ダイジェスト
総合
法令
判例
税務・会計
コラム
T&A master
LIMM Webmagazine

HOME > ニュース&ダイジェスト 税務・会計 > 税法最前線 > 「CFC税制、株譲渡損と配当等の通算不可(2017年1月30日号・676)」

税法最前線

CFC税制、株譲渡損と配当等の通算不可(2017年1月30日号・676)

マイナスの金額は翌期に繰越し可も、企業は事務負担増加を懸念

2017/01/30

CFC税制、株譲渡損と配当等の通算不可
マイナスの金額は翌期に繰越し可も、企業は事務負担増加を懸念


CFC税制の見直しで、受動的所得(資産性所得)の合算金額の計算方法が変更に。
配当や利子など金額が「プラス」の項目に、有価証券譲渡損益など「プラス・マイナス両方の可能性がある項目」を追加。後者がマイナスになっても前者との通算は不可も、マイナスの金額は翌期に繰り越し可。

 平成29年度税制改正におけるCFC税制の大幅改正に伴い、受動的所得(資産性所得)の範囲も見直されている。ポイントは、現行の資産性所得は配当、利子など金額が「プラス」の項目のみであるのに対し(措法66の6ぁ∩篠66の6−18の2)、受動的所得では、これに有価証券譲渡損益、デリバティブ取引・為替差損益など「プラス」「マイナス」両方の可能性がある項目が追加されているという点だ。
 そこで気になるのが、配当等の「プラス」の金額と有価証券譲渡損等の「マイナス」の金額を通算できるのかという点だが、結論からいうとこれは“不可”とされる。
 部分合算金額の計算方法は平成29年度税制改正大綱に示されているが(財務省版大綱100頁◆法△修海任蓮部分合算課税の対象となる金額は、金額がプラスのみの項目(イ)と金額がプラス・マイナス両方の可能性がある項目(ロ)の合計額であるとしたうえで、ロに「(当該合計額が零を下回る場合には、零)」とのカッコ書きを付している。
 この記述を踏まえると、例えばイが「+100」、ロが「−50」の場合、ロは「零」とされるため、部分合算金額は通算して50ではなく「100+零=100」ということになる。
 ロでマイナスが生じた場合、そのマイナス分の金額は繰越欠損金として利用(7年間)することができる(財務省版大綱100頁)。ただし、大綱に「当該事業年度の上記▲蹐坊任欧覿盂曚侶彁讃紂控除する」とあることから分かるように、ロの欠損金をイの金額と通算することはできない。また、ロの欠損金はロの中でだけの使用が求められる以上、部分合算ではなく「全部合算」することとなった事業年度においても、ロの欠損金を全部合算する所得と通算することはできない。
 欠損金の繰越控除の仕組みは基本的には企業にとって有利となるものだが、欠損金の額が少額にとどまることも予想される中、企業側からは欠損金を使用するためには必須となる「欠損金の管理」という新たな事務負担の発生を懸念する声も上がっている。

週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)
概要および購読お申込み
電子書籍版(18,144円/年)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月の期間限定公開)

このページの先頭へ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
新日本法規出版 Webショップ
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twtterページです。
セミナーのご案内
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社
Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

会員規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示