ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
新日本法規出版株式会社
e-hoki
home
ニュース&ダイジェスト
総合
法令
判例
税務・会計
コラム
T&A master
LIMM Webmagazine

HOME > ニュース&ダイジェスト 税務・会計 > 税法最前線 > 「株譲渡損の繰越は時系列的な申告が必要(2017年7月3日号・697)」

税法最前線

株譲渡損の繰越は時系列的な申告が必要(2017年7月3日号・697)

翌年分申告前に更正請求に基づく更正なければ連続提出要件を満たさず

2017/07/03

株譲渡損の繰越は時系列的な申告が必要
翌年分申告前に更正請求に基づく更正なければ連続提出要件を満たさず


審判所、上場株式等の譲渡損失の繰越控除は損失発生年分以降、申告書(更正の請求に基づく更正含む)が時系列的に連続して提出されていることが要件の1つと判断。
26年分申告時において25年分申告に係る更正請求に基づく更正がないため、25年発生譲渡損の繰越を認めず(平成28年12月2日棄却)。

 上場株式等の譲渡損失を翌年以降3年間繰り越すためには、‐緇豎式等に係る譲渡損失が生じた年分で計算明細書等の添付がある確定申告書を提出し、かつ、△修慮紊砲いて連続して確定申告書を提出している場合であって、F知磴療用を受けようとする年分の確定申告書に控除を受ける金額の計算明細書等の添付があることが必要となる(措法37の12の2Л)。
 上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除の特例(以下「本件特例」)は多くの納税者に利用されており、その適用の可否が争われるケースも多いなか、本件では25年分の更正請求書の提出をもって26年分申告書が「その後において連続して確定申告書を提出している場合」に該当するか否かが争われた。納税者による申告書等の提出等の時系列は下図のとおりである。納税者は、26年分の確定申告期限までに行った25年分の更正請求書の提出をもって26年分の申告書について訂正申告書が提出されたものとみなされるため、連続性の要件を満たす旨主張した。これに対し審判所は、措置法通達37の12の2−5に照らすと、本件特例は更正の請求に基づく更正により新たに上場株式等に係る譲渡損失があることとなり、その後において連続して確定申告書を提出している場合であって、本件特例の適用を受けようとする年分の確定申告書に控除を受ける金額の計算明細書等の添付がある場合にも適用されると解釈。ただ、本件については、26年分申告書の提出時点において更正の請求に基づく更正がされなかったことは明らかであると指摘。「その後において連続して確定申告書を提出している場合」に該当しないと判断した。


週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)
概要および購読お申込み
電子書籍版(18,144円/年)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月の期間限定公開)

このページの先頭へ
第7回(2017年度)「新日本法規財団 奨励賞」を募集します
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
新日本法規出版 Webショップ
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twtterページです。
セミナーのご案内
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社
Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

会員規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示