ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
新日本法規出版株式会社
e-hoki
home
ニュース&ダイジェスト
総合
法令
判例
税務・会計
コラム
T&A master
LIMM Webmagazine

HOME > ニュース&ダイジェスト 税務・会計 > 税法最前線 > 「サービス研究全委託も親会社で税額控除(2017年10月2日号・709)」

税法最前線

サービス研究全委託も親会社で税額控除(2017年10月2日号・709)

研究開発を子会社で実施も、役務提供者が親会社であれば控除の対象に

2017/10/02

サービス研究全委託も親会社で税額控除
研究開発を子会社で実施も、役務提供者が親会社であれば控除の対象に


サービス研究開発、親会社が子会社にサービス設計4工程を委託(丸投げ)した場合でも、最終的な役務提供者が親会社であれば委託費は親会社で税額控除の対象に。
グループ会社で新たなサービス研究開発を分業するようなケースでは、研究開発の成果が共有され各社が開発されたサービスを提供していれば対象になる場合も。

 平成29年度税制改正により研究開発税制の対象とされた新たなサービス研究開発(対価を得て提供する新たな役務開発に係る一定の費用)として想定されているのは、ビッグデータやAIなどを活用したサービスであり、「情報収集」(措令27の4一号)、「情報解析専門家による情報解析等(法則性の発見)」(同二号)、「役務の設計」(同三号)、「設計内容の確認検証」(同四号)の4工程(サービスの設計工程)のすべてを行うことが税額控除の要件となる。
 サービスの設計4工程の一部を他社に委託した場合であってもサービス研究開発に該当することになるが(措令27の4F鵝法▲哀襦璽弉饉劼砲ける委託により実施するサービス研究開発の取扱いについて疑問をもつ企業や実務家が少なくないようだ。この点、課税当局によると、たとえば親会社が子会社にサービスの設計工程(4工程)の全部を委託(丸投げ)したような場合については、サービス研究開発の中身は子会社で実施していたとしても、最終的に新たな役務を提供するのが親会社であるという前提で子会社がサービス研究開発を行っているのであれば、親会社が子会社に支払うサービス研究開発に関する委託費は親会社で税額控除の対象になる模様だ。
 また、グループ会社でサービス4工程を分業したようなケース(たとえばA社が情報収集、B社が情報解析等、C社が役務の設計、D社が設計内容の確認検証するような場合)については、内容等によるものの、たとえば分業によるサービス研究開発の成果が共有されるのであれば、各社が委託の関係と同様とみることもできるので、各社が開発されたサービスを提供するということであれば税額控除の対象となるケースもでてくるようだ。ただし、たとえば情報収集部分を分業するA社がそのサービス研究開発の成果を独占するような場合には、情報解析等を分業するB社、役務の設計を分業するC社、設計内容の確認検証を分業するD社はサービス4工程を実施していないことになるため、新たなサービス研究開発に係る税額控除の対象外となる点に注意したい。

週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)
概要および購読お申込み
電子書籍版(18,144円/年)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月の期間限定公開)

このページの先頭へ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
新日本法規出版 Webショップ
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twtterページです。
セミナーのご案内
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社
Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

会員規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示