ご利用案内
よくあるご質問
サイトマップ
お問い合わせ
新日本法規出版株式会社
e-hoki
home
ニュース&ダイジェスト
総合
法令
判例
税務・会計
コラム
T&A master
LIMM Webmagazine

HOME > ニュース&ダイジェスト 税務・会計 > 税法最前線 > 「発行会社への株式引渡しで時価譲渡課税(2018年7月2日号・745)」

税法最前線

発行会社への株式引渡しで時価譲渡課税(2018年7月2日号・745)

審判所、1株3,000円(額面の3倍)は時価の1/2に満たず著しく低額

2018/07/02

発行会社への株式引渡しで時価譲渡課税
審判所、1株3,000円(額面の3倍)は時価の1/2に満たず著しく低額


請求人(株主)が発行会社(非上場)に引き渡した株式の価額をめぐり、みなし時価譲渡課税を認める裁決(平成30年3月19日・札裁(所)平29第12号・第13号)。
請求人は1株3,000円(額面の3倍)で発行会社へ譲渡も、審判所は評価通達により算定された価額の2分の1に満たないことから「著しく低額」と判断。

 非上場会社の株主が複数いるような場合に、経営上の理由などから株主関係を整理するために非上場会社が自己株式の取得として発行株式を買い取るケースがある。この場合にしばしば問題となるのは、株主が発行会社に株式を引き渡す際の譲渡価額を幾らに設定すべきかという点である。
 今回紹介する裁決事例で請求人は、非上場会社である発行会社に対して同社の株式を1株当たり3,000円(額面額の3倍)で引き渡したうえで、みなし配当のみを配当所得として申告していた。この申告に対し原処分庁は、請求人による株式の引き渡しは時価の2分の1に満たない「著しく低い価額」(所法59‘鵝⊇衫169)による譲渡に当たり、配当所得に加えて時価による譲渡があったものとみなされることから譲渡所得も発生するとして、請求人に対し所得税更正処分等を行った。これを不服とした請求人は、直接審査請求により所得税更正処分等の取り消しを求めた。
 国税不服審判所は、本件発行会社の株式の価額は「1株当たりの純資産額等を参酌して通常取引されると認められる金額」(所基通59−6)に一定の条件を付して評価通達が定める非上場株式の評価方法により算定することになるとした。次に審判所は、株式引渡時の請求人は発行会社の同族株主(評価通達188(1))に該当し、発行会社は中会社(同178)に該当するから、評価通達179(2)により「1株当たりの純資産価額(相続税評価額により計算した金額)」と「類似業種比準価額×0.75+1株当たりの純資産価額(相続税評価額により計算した金額)×0.25」とのいずれか低い価額をもって評価すべきと指摘。さらに所基通59−6(3)の定めにより、「1株当たりの純資産価額(相続税評価額により計算した金額)」の計算に当たり土地等及び上場有価証券は時価で評価する旨の修正を加えるべきと指摘した。そして本件について審判所は、請求人による株式引渡しの取引価額(1株当たり3,000円)は評価通達により算定された価額(株式引渡時の価額)の2分の1に満たないことから、「著しく低い価額」(所法59‘鵝砲乏催すると結論付けた。

週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)
概要および購読お申込み
電子書籍版(18,144円/年)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月の期間限定公開)

このページの先頭へ
法律の電子書籍販売サイト-eBOOK STORE
新日本法規オンライン
新日本法規出版 Webショップ
新日本法規の公式Facebookページです。
新日本法規の公式Twtterページです。
セミナーのご案内
パートナーシップ業務提携企業
ウエストロー・ジャパン株式会社
ウエストロー・ジャパン株式会社
株式会社ロータス21
株式会社ロータス21
販売支援企業
日本電算企画株式会社
日本電算企画株式会社
Copyright(C) 2007. SHINNIPPON-HOKI PUBLISHING CO.,LTD.

会社情報

|

採用情報

|

会員規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引法に基づく表示